生命保険(公的保証)

「1日1万円の安心保障」などの広告を耳にしますが、1万円の根拠とは

何なのでしょうか?

 入院保障を決める時に、大きく相場を上回る保障額をもとめる方も

多いです。

 たしかに保障を受ければ安心なのですが、保険料にムダがあります。

 民間医療保険は原則として入院した場合の費用をカバーするもので

すから、通院で医療費負担が大きくなったときには、ほとんど役に立ちま
せん。

 「病気のときは医療保険」と考えず、健康保険、福利厚生制度、貯蓄の

3点を順に足りない分部だけを、保険で補う考え方を持てば、本当に必要

な医療保障が見えてきます。

仮に医療費が100万円だった場合の3割での負担額は30万円と、結構大きな

負担となりますが、健康保険には『高額療養費制度』があり、これは窓口で

支払った自己負担分が一定額を超えると、超えた分を後日払い戻す制度

です。 

 たとえば、所得区分一般の方なら窓口で30万円支払った場合は約22万円

が払い戻されます。

 高額療養費制度を知ってる方が少なく、知らない方ほど複数の民間医療

保険に加入している方が多いです。

 ただし、この制度は原則申請ですので健康保険が組合または共済組合

では、担当部署や組合が手続きしてくれますが、国民健康保険の方は特に

通知など届きませんので、自らが申請しないと払い戻されません。また時効

はありますが受診後2年以内なら請求することが出来ます。

生命保険になぜ加入するのか?

保険は万一の場合の暮らしを支えます。 そして、万一のことが起こらない

時でも気持ちを支えています。
 
 しかし、ライフスタイルや見直し時の年齢などを考え、ライフプランを明確

に描く必要があ ります。
 
 なぜなら、保険料の削減は確実に家計を助けるからです。

 生命保険は暮らしに必要なもので、とくに収入が少ないが家族が多いと

いった家庭では、大黒柱を失ったときの経済的な打撃は大きく、保険に頼ら

ざるをえません。

 だとすると、納得のいくかたちで自分に必要なだけの保険に加入したい

ものです。

生命保険見直し

生命保険の見直しには 『正確な知識』 と 『明確な考え』が必要です。
 
 正確な知識とは、保険の仕組みを正しく理解すること。

 明確な考えとは、どうして保険が必要なのか?

 自分のライフプランを どういうふうに描いているのかを 明確にイメージ

することです。
 
 保険契約はそれぞれの加入者によって、必要性や保険の形が変って

きます。

 「見直し」を考えると、今の保険をやめるとか、別の保険に契約し直す

どが頭に浮かぶはずです。

 そうなると、「今までせっかく続けてきたのに途中でやめるのは、なんと

なく・・・」と、思う人もいますが、

 「保険の見直し」は今契約している生命保険のメリットはそのまま生か

して、自分のライフプランに合うようにリフォームすることも出来るのです。

生命保険(既往症、傷病歴)

既往症や過去の傷病歴等により特別条件を付加して次のような方法

で加入することが出来ます。

1.特別保険料領収法 2.保険金削減法 3.特定部位・指定疾病病

不担保の3つの方法があります。体況により、上記のような条件を付け

て加入する事も可能です。何れも保険会社が被保険者の体況の診査

結果により、特別の割増保険料や、保険金支払いに5年間の間削減条

件をつけたり、例えば契約後1年目は20%、2年目は40%というふうに

削減したり、病気の部分を保障の対象からはずすことや、指定された

疾病に関する入院、手術等を不担保にすることで、それ以外の疾病は

引き受けますといった内容の契約です。

もちろん契約者がこの条件に承諾しなければ、契約は不成立となり初回

保険料は返還されます。

又、最近では保険金額に一定の制限をつけていますが、糖尿病や高血圧

などの慢性病がある場合や、障害を持った人でも加入できる終身保険

発売されています。

生命保険(出産入院給付金)


正常分娩で出産する際の入院でも医療保険や医療特約の入院給付金が

受け取れると勘違いされている方がみえます。

たいがいは若い主婦の方で、そうした方は、公的な医療保険制度そのもの

もよく理解していなくて、

妊娠中の健診費用や分娩費用は

公的健康保険が使えないことも知らないことが多いのです。

妊娠・出産は「病気」ではないため、

健診費用も分娩費用も10割負担なのです。

ただし!妊娠中に切迫流産や妊娠中毒、切迫早産などで入院したり、

あるいは、分娩が帝王切開だったりすると、

その部分は公的医療保険が使えて3割負担で済む上、

高額療養費制度も適用になり、一定以上かかった医療費は払い戻されます。

しかも、医療保険や医療特約の入院給付金や手術給付金も支払われます。

そんな話をすると、「じゃあ帝王切開にしてもらお!」

などと言い出す人もいますが、経過が順調な人はそれはムリです。

医師の判断によって必要な場合しか、帝王切開をすることはできません。

出産育児一時金は10月から35万円にアップしますが、

それでも不足する出産費用は、

あらかじめ貯めておくことが大事です。

生命保険の切り替え

保険の見直しで、たまに見られる勘違いです。

ご自身に合う保険を見つけて乗り換えを決意された方の中には、

さっさと元の保険を辞めようとする方がいます。

保険料がもったいない」という理由の方もいます。

先に辞めてしまって、何も問題がなければいいのですが、

万一、告知や診査で引っかかって新しい保険に加入できなかった場合には、

保険になってしまいます。

もしそうした事態に陥ることがあると、元の保険が大事になってきます。

そのため、保険を乗り換える際には、

後の保険が有効になってから、元の保険を解約する。

・・・これがキホンです。

通販商品に限れば、新規に申し込んだ保険が有効になるのは、

・申込み書類が保険会社に届く

・告知書が保険会社に届く

・第1回目の保険料を支払う

の3つがそろった時です。

(もちろん、保険会社の審査を通った場合ですが。)

ですので、乗換えをする際には、

1ヵ月程度保険料の支払いが重なってしまうのですが、

それは「保険の保険」として仕方がないことです。

特にネットなどで“セルフ見直し”をする方は、

自分で注意をしてくださいネ!

生命保険の復活

あるお客様からこんなご相談を受けました。

保険って、保険料を払わなくなってからでもフッカツできますよね?」

「通常は一定期間ならできるはずですよ」と私。

「でも、保険会社の方からできないって言われたんです」

おやおや?何かが変です。

「失効はされているんですよね?だとしたら、失効から3年を超えてしまって、

そのせいでできないのでは?」

「失効と言うのかわかりませんが、保険料を払わなくなってからは半年です」

どうやらハナシが食い違ってそう。

保険を継続させるには期日までに保険料を払い込む必要があるわけ

ですが、保険料の払い込みをストップして、それが所定の払込猶予期間を

過ぎると、保険が失効して保障がなくなるんです。間違いなく失効でしょうか?」

「いえ、払わないでいたのではなく、手続きをして払わないようにしたんです」

「それはご自身から解約を申し出て手続きをされたのでは?」

「そうです、解約をしました」

やっぱりそうでしたか。

「解約の場合には、復活はできません」

「そうなんですか? 

新しく入ろうとしたら、その前に病気で10日入院して入れなくなって。

だから解約をなかったことにしてフッカツできないかしらって思ったんです」

「残念ながら、解約は撤回できませんね」

「解約前に別の保険に加入する手続きをしなかった私がいけなかったんです」

「保険会社や病気の種類などによっては、一部の部位を保障外としたり保険

料が高めになっても契約できる場合もあるし、完治から一定期間経過すれ

ば問題なく加入できるものもあるので、あきらめることはないですよ」

「そうなんですね!」

お客様は新規加入を検討する方向に切り替えました。

なんらかの事情で解約を検討するときは保険会社の人にいろいろ聞いてから

手続きしましょう。

保険の賢い選び方(生命保険)

1.どんな場合に保障が必要かで決める

生命保険の保障機能には「死亡保障」、「医療保障」、「老後保障」の

3つがあります。保険を選ぶときは自分の保障したいものは何か、

ニーズを明確します。

例えば、自分が死亡したとき残された家族に対する保険金を確保したい

と考えるなら死亡保障を選び、病気やケガでの医療費を保険カバーした

いと考えるなら医療保障、老後の生活に備えたいなら老後保障を選ぶ

といったようにします。

2.主契約で生命保険を決める

なぜかといいますと、生命保険は主契約と特約で構成されているの

ですが、主契約こそメインであり、特約はオプション的なものだからです。

特約だけでの保険加入はできませんし、特約で自分の保障したい内容

のものを選んでしまうと、主契約のほうに余計な保障をつけて契約するな

んてことも有り得ます。

もしそうなってしまうと、保険料も余計な保障のぶんまで払うことになります。

例えば、Aさんが病気やケガでの入院・手術に備えるために生命保険

に入るとします。Aさんは保険に貯蓄性は求めずに医療費の保障のみ

を必要としています。ここで終身保険や定期保険に医療特約をつけた

ものを選ぶより、医療保険に加入したほうが余分な保険料を払わなく

てすむということです。

3.ライフステージにあった、保険料と保険金

それぞれの人生において年齢を重ねるごと、ライフステージの変化に

応じて必要とされる保障はかわってくるものです。結婚、出産、子どもの

独立などライフステージの変わる時期は生命保険選びをする時期のめ

やすとなります。

ご参考にしてくださいネ。

必要保障額と予算(生命保険)

必要保障額とは、万一の場合に必要になるお金の目安です。

生命保険に加入するときには、この必要保障額を計算してムリ・

ムダのない保障額で加入しましょう。

ただし、すべての保障を保険で用意しなければいけないわけでは

ありません。また、ライフステージによっても必要保障額は変化し

ていきます。

現在の家族の状況や、預貯金など保険意外のあなたの資産のこ

とも考えながら、できる限りムリ・ムダのない必要補償額を設定し

ていきましょう。

生命保険に余計なお金を使わないようにするには、あらかじめ

生命保険に使うお金を決めてしまうことがポイント。保険料の予

算を決めておくわけです。

保険料の予算は、生命保険に貯蓄性を求めるなら年収の

10%前後、貯蓄性のない掛捨て生命保険だけを活用するなら

年収の5%前後が目安となります。

ただし、学資保険や個人年金といった生命保険は保険料の

予算に含めなくてもいいと思います。これらは資産運用のため

の金融商品といった性格を持つ保険だからです。

万一の場合に備えるために出費するお金を、この予算内に収め

ればOKです。

プルデンシャル生命保険

プルデンシャル生命保険株式会社(ぶるでんしゃるせいめいほけん)は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社である。2004年にはあおば生命保険(旧:日産生命保険)を吸収合併し、営業基盤の拡大を図っている。

本社があるプルデンシャルタワーは大火災を起こしたホテルニュージャパンの跡地にある。千代田生命保険が建設中だったものを、同社の経営破綻により買収して完成させた。

 会社概要

  • 商号:プルデンシャル生命保険株式会社
  • 所在地:東京都千代田区永田町2-13-10、プルデンシャルタワー
  • 設 立:1987年10月
  • 事業内容 生命保険業及びそれに付随する業務
  • 資本金:20,000,000,000円
  • 主たる役員
    • 代表取締役会長兼最高経営責任者 前田一雄
    • 代表取締役社長 兼最高執行責任者 三森裕
  • 従業員数:3,539人(2004年度末)
  • 保険料等収入:3,248億円(2004年度)
  • 保有契約件数:186万6,218件(2004年度末)
  • 保有契約高:22兆1,775億円(2004年度末)
  • 総資産額:1兆9,322億77百万円

ライフプランとライフプランニング (生命保険)

ライフプランとは、「生涯の生活設計」のことです。...と言うと難しく

聞こえますが、 3年後には、マイホームを買いたい!子供は2人は

ほしい!子供は大学までは進学させてあげたい!老後は海外での

んびり暮らしたい!etc. このような夢や漠然とした目標など、誰でも

少なからず考えている.ことを、はっきりとした形にしていくことですね。

 ライフプランニングとは... あなたの生活設計や夢、ご家族のこと

など様々な情報をお聞きした上で、「ライフプラン」に沿って必要とな

る資金や、その発生時期、推移などを明らかにしていくものです。

万一の場合に、毎年の収支がどうなるか、生命保険で用意すべき

死亡保障額はどうなるか、老後の不足資金の予測などができる様に

なります。

万一のとき(生命保険)

生命保険で、いくらの死亡保障を用意するべきか。

3千万円で足りるの? 5千万円くらいが普通かしら?

漠然と考えてみても、普段使っているお金とは3〜4桁も違うお金

の話ですから、なかなかピンと来ないはずです。

夫死亡後に見込める収入には、次の様なものがあります。

1)遺族基礎年金・遺族厚生年金などの公的年金

2)死亡退職金・弔慰金などの福利厚生制度からのお金

3)妻の就労による収入

4)その他の収入(アパート・駐車場経営等の不労所得)

これらの収入は、ご家庭によって全く事情が違います。

自営業の方は会社員の方にくらべて、受け取れる公的年金が少

なくなります。転職歴があったり、私の様に会社員から自営に転じ

た場合には、年金試算も複雑になります。

上のグラフの様に、毎年、夫死亡後の収入合計がどのように推移

していくかをつかむことが、必要保障を理解するための第一歩と

なります。

お時間がある時に一度、1〜4の合計額を計算してみてはいかが

でしょうか。

保険代理店

戦後、損害保険会社は代理店の粗製濫造で、志が高く、業務レベル

の高い一部の代理店を除いては、粗悪な販売網を武器に、各損保が

過激な競争を繰り広げている。

先日、某大臣が女性を「生む機械」と表現していたが、損害保険会社

は言葉には出さないまでも、損害保険代理店を「売る機械」の如く、

蔑視している感さえある。

代理店の統廃合という大が小を飲む方式の販売網整理ではなく、小が

大を飲む販売網の整理でもいいと思う。保有契約数や保険料の多寡

ではなく、保険販売者としての良識とスキルを持ち合せる者に、集

約していかなくてはいけないと思う。

今後、損害保険会社は、損害保険代理店の業務レベル向上と称した教

育研修や、代理店数の集約施策を実行していくのだろうが、決して本質

を見失ってはいけない。また、短期的目標の遂行ではなく、長期的目標

の遂行のために、業界の構造改革に臨んで貰いたいと思います。

掛け捨ての生命保険

保険の基本は掛け捨てです。予定利率の低い今は、むしろ掛け

捨てのほうがよいです。。生命保険は相互扶助の考え方でなりたっている

金融商品です。

基本は、死んだ人の遺族に生きている人がお金を出し合って保険金を

支払うというものです。「満期になったらお金が戻ってくる保険や、お祝

い金が出る保険はトクでは?」という方もいると思います。

たしかに単なる掛け捨てよりトクな気がするかもしれませんが、たとえば

加入途中で定期的にお祝い金が出る保険の場合、そのお祝い金は加

入している保険会社がお金を出してくれるのではなく、「お祝い金」用に

自分で積み貯めるお金で、支払っている保険料の中から一定額が積み

立てられているのです。満期に戻ってくるお金も同じように別途積み立て

られているのだと思えばいいでしょう。

ですから、要は積立てのお金を余分に払っていると言う事ですネ 。

 

 

東京海上日動あんしん生命保険(生命保険会社)

東京海上日動あんしん生命保険株式会社(とうきょうかいじょう

にちどうあんしんせいめいほけん)は、東京都中央区銀座にある

保険会社。ミレアホールディングスグループの一員である。 1996年

8月6日に、東京海上(当時)の100%子会社である東京海上あんし

生命保険株式会社として設立、2003年10月1日に日動生命と

合併して現社名に商号変更した。設立7年目時点で契約件数100万件

9年4ヶ月目(2006年1月末)に200万件達成と成長著しい。 東京海上

日動代理店が主な販売チャネルだが生保のプロ代理店もいる。 商品

特性としては、ひたすらシンプルという印象を受ける。

主力商品

長割り終身(5年ごと利差配当付き低解約返戻金型

  終身保険。保険料払込期間内の解約返戻金が70%と少

  ない分保険料が安い)

家計保障定期(責任世代向け。世帯主の万一後に遺族の子供

  が自立するまでの必要な生活費として逓減定期の保険金を給料

  形式で保障)

メディカルミニ(1入院120日間保障の医療保険。保険料払込期間

  内の解約返戻金や無事故ボーナスなどが無い分保険料が安い)

がん保険(診断給付金が複数回。上皮内新生物でも手厚い)

生命保険はなぜ必要か

生命保険は万一の場合の暮らしを支えます。 そして、万一のことが

起こらない時でも気持ちを支えています。

 しかし、ライフスタイルや見直し時の年齢などを考え、ライフプランを

明確に描く必要があ ります。
 
なぜなら、保険料の削減は確実に家計を助けるからです。

生命保険は暮らしに必要なもので、とくに収入が少ないが家族が多い

といった家庭では、大黒柱を失ったときの経済的な打撃は大きく、保険

に頼らざるをえません。

だとすると、納得のいくかたちで自分に必要なだけの保険に加入した

いものですネ ♪

保険証券をよく確認しましょう。

前にも書いた覚えがありますが、自分が加入している保険の内容

がよく解らない方が沢山います。

保険証券はプロでもすぐに理解できないほど読みにくいのですが、

これには「あなたが保険料を支払うかわりに、保険会社が何をし

てくれるのか」が書かれています。

『確認ポイント』

保険料はいくらなのか

・支払い方法は・・・ステップなどは注意が必要です

・保障額は病気・怪我それぞれいくらなのか

・いつまで保障してもらえるのか

・受取人は誰なのか

・解約金はいくらなのか(表記していない会社もあります)

・転換の場合、基本・比例・特約殿転換なのか

 など、上記ポイントを確認してください。

イメージしやすくするためには、縦軸:保障額 横軸:年齢

 でグラフを書くと良いです。

分からない用語は保険専門用語集で確認しましょう。

それでも分からない場合は 専門家にお問い合わせくださいネ。

生命保険の切り替え

先日、こんな方がみえました。

保険に加入しなおそうと思っています。当時は言われるがまま加入

してしまったし・・・この保険は解約して新しい保険に加入しようと思っ

ています。次の保険はどんな保険がいいでしょうか?」

今回の事は言われるがまま加入してしまった保険を自分にあった

保険に見直したいと考えられている方のケースになります。

生命保険は保険会社の営業員さんのお勧めの商品に、そのまま

加入してしまうという方・・・結構いらっしゃいますよね。特に、初めて

保険に加入する方などは、比較する対象がないこともあるので言わ

れるがまま加入されるケースが多いようです。

しかしこの『言われるがまま加入』、実は必要な保障額がきちんと確保

できていないケースが少なくないんですよ。 保険は加入しているけど、

必要な保障が確保できていないとなれば、いざというときに困ってしま

いますよね。

ご加入の際、きちんとコンサルティングを受け、生活費や家賃、年金

の種類やお子様の教育プランに至るまで、今後のライフプランについ

て詳細をヒアリングされたうえでないと必要な保障金額は算出できませ

ん。

保障額の設定はどのようにされたのか?算出根拠がないまま加入され

ている方は、一度保障内容を確認してみましょう。必要な保障が確保さ

れていますか?

また、今回の事例のように新たに保険に加入し、元々あった保険を解約

したいといった場合は、十分注意が必要です。保険の種類やご加入時期

・保険料支払方法・健康状態などによっては解約以外の方法での見直し

が適切な場合もあります。見直しにあたっては、専門家に相談されよく納得

された上で見直しされる事をお勧めします♪

長く続けるだけで安くなる生命保険

通常の保険契約に、今までなかった条件を加えることにより保険料

が安くなる商品があります。たとえば東京海上あんしん生命の終身

保険「長割り終身」は途中解約の場合は、通常の保険で戻る解約返

戻金の7割しか戻してもらえないが、保険料は通常より最大15%オフ

です。

通常の終身保険は、加入者のなかでどのくらいの人が死亡するか、
 
保険運用の経費、預かったお金をどのくらいの予定利率で運用でき
 
るかで保険料が違ってきますが、「長割り終身」は、さらに解約のリス
 
クを付加した商品です。

終身保険は一生涯その保障が受けられる商品ですから、当然加入

期間は長期なのです。加入期間が長い場合、保険が加入者に合わ

なくなってきたり、保険料の払込満了まで加入し続けられなくなるケー

スも出てきます。

中途解約した人が支払うペナルティ分をあらかじめ予想し、その分

保険料を安くできます。こうした保険ならば、同じ保障でも支払う保

険料は安く済むので、長く保険に加入し続ける人には有利です。

生命保険の転換

古いタイプの保険を下取りして、新しいタイプの保険に変える「転換」

は正しく保険を知っていないとトラブルになります。保険の転換は、

たとえるなら自動車の下取りのようなものです。

生命保険でも、古い契約で貯蓄部分のあるものは、新しく入る保険

からその貯蓄額を差し引いてもらえますので、そのぶん支払う保険料

が割安になります。保険の転換制度は自分に合わなくなった保険

リニューアルするためのものなのです。

非難されたのは、低金利のなかで、その昔に約束した5%台の予定

金利を約束した保険会社が、この予定金利を引き下げるために保険

の転換をうながしたからです

貯蓄部分の運用を契約者に約束したのが予定金利ですが、金利の

低下にともない毎年下げられてきています。しかし、低い予定金利が

適用されるのは、新しく加入する保険からです。終身保険で一定期間

内に払い込みするタイプなど、一生涯、高い予定利率で運用しなくて

はならず、逆サヤ現象になった生命保険会社が、予定利率引下げの

ために転換制度を勧め、加入者にしっかり理解されないまま、不利益

保険の転換がおこったのです。

典型的なケースは「転換すれば、保険料は今と変わらずに、より高い

保障がつけられます」と勧めますが、保障が高くなるのは、転換すると

きに下取りされるお金で高い保障を買うからです。もしくは、貯蓄性の

ある保険を、掛け捨て部分の多い保険に転換するからです。

すでに十分な保障を確保しているという人には、転換は必要ありませ

ん。むしろ、子どもが独立して、親元を巣立った家庭などは、保険

減額したり、払い済み保険に変更して、保険料を安くすることを考え

たいのではないでしょうか。

プロフィール

生命保険無料相談

リンク

RSSリンク