生命保険(必要補償額)

一般的には、配偶者の平均寿命や子供に対する責任を何歳まで持つか

などを設定します。

 その間の総支出から現在の貯蓄や遺族総収入を差し引いて求めた数字

が必要保障額となります。

 ただし、50歳を過ぎても40歳のときと同じ保障が必要でしょうか?

 40歳からの10年間は、子どもに多くの教育費がかかります。一家の

大黒柱にもしものことがあると、

 子どもの進学にも影響してきますが、50歳代になると家庭状況も変って

きます。

 子どもが社会人となり手元を離れるようになるからです。

 今まで子育てのために必要だった保障よりは、少ない保障でも十分と

いうことになります。

 だとすれば、40歳代と同じ保障ではなく、保障額を必要な額に見直し

ていくのは、

 保険の合理的な加入方法の一つと言えます(減額という方法もあります)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/05/28(金) 22:08:13

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

生命保険無料相談

リンク

RSSリンク