生命保険はリスクヘッジ

生命保険に加入していれば「家族の安心」「家族の幸せ」?

生命保険に加入していれば、いつまでも家族は健康で、

不幸な目にあわないと思って加入されてる方が沢山居ますが
 
本当にそうなのでしょうか?

保険の加入の有無に関わらず、長生きする人は長生きしますし、
 
病気や事故も起こりうるのです。

保険に入ってるから不幸な目にあわないなんて事はないのです。
 
保険に入るのは不幸なことを避けるために入るのではありません。

仮に不幸な目にあっても、生命保険に加入していたら、保険会社
 
から”保険金”というまとまった額のお金が出るということなのです。

保険の制度は、たとえば大黒柱を失ったとしても”保険金”で残され
 
た家族が不安定な生活をしなくてもいいように考えられた制度なの
 
です。

いつ起こるかわからない不幸な出来事のリスクに対して、

金銭面で多少なりともやわらげるために、保険という商品で、少しでも
 
ヘッジしようという発想で入るのです。そのリスクヘッジのために、保険
 
料というお金を支払うのです。

よって、リスクの無い人、つまり健康で事故にあったり病気をする心配
 
のない人は、生命保険に入って保険料を払うだけソンです。

なぜなら、自分が健康でいる限り、保険料を払う一方で、お金を受け取
 
ることはないからです。また、かなりの財産を持っていて、死亡しても遺族
 
が困らないだけの遺産を残せるような人は、保険に入る必要のない人なのです。

生命保険は少ない保険料で、多額の保険金(給付金)を手に出来る商品
 
です。

日歩の生活に追われて貯蓄も出来ず、十分な蓄えもない人こそが、

加入しなくてはならないものです。 

リスクのある人とは

 ■奥さんが専業主婦で子どもが小さい人

 ■独身でも老親と同居で家計を支えている人

 ■病弱な家族を抱えている人

など、こういう人は必要な額だけ死亡保障を生命保険
 
で確保してくださいネ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/06/06(日) 19:09:25

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

生命保険無料相談

リンク

RSSリンク