生命保険の種類(主契約)

生命保険は、「生命保険」=「主契約」+「特約」で成り立っています。

主契約とは生命保険のベースとなる部分で、主契約のみで保険契約

ができます。「特約」とは主契約にオプション的に付加することで、

保障内容をより充実させようという目的の部分。特約のみでの契約は

できず、また複数の特約を主契約に付加することができます。

 終身保険、定期保険、養老保険で主契約部分の死亡保障、特約に

入院特約、ガン特約などを付けるという保険の組み方をします。

生命保険の主契約の種類

定期保険

 一定の保険期間(保険料払込期間)は、死亡保障があります。

安い保険料で大きな死亡保険金が保障される生命保険

※満期保険金はありません。

※保険金額が保険期間中一定で変わらない定額タイプ、保険料が

一定で契約後保険金額が減っていく逓減定期保険、保険金額が増

えていく逓増定期保険があります。

※更新の際、保険料が再計算され、通常は保険料が高くなります。

※満期保険金がなく、死亡保険金が受け取れるのも保険期間内である

ため、所謂掛け捨てタイプの保険となります。

終身保険

 一定期間保険料を払い込むと、保険料払い込み期間が終わった後も、

一生涯、死亡保障が継続される生命保険です。

※満期保険金はありません。

※保険料払い込みが、一定期間で終了する有期払込と一生涯保険料を

払い続ける終身払込の2つのタイプがあります。

※死亡により、必ず保険金が受け取れるので、貯蓄性が高い保険です。

養老保険

 保険期間(保険料払込期間)は一定で、その間に死亡したときには死亡

保険金が、満期時に被保険者が生存していた場合には、満期保険金が

受け取れます。死亡保険金と満期保険金は同額です。

※死亡保険金、または満期保険金を受け取れるので、貯蓄性が高い保険

です。

上記三者、定期保険、終身保険、養老保険が生命保険(死亡保障)の基本

となります。

 この三者を比べてみますと、保険料が同じであれば、保険金(死亡保障)

の額は、

・定期保険>終身保険>養老保険

となり、死亡保障の保険金が同じであれば、保険料の額は、

・定期保険<終身保険<養老保険

となります。ちなみに定期保険特約、入院特約、成人病特約など特約の部分

の保険料はほとんどの場合、掛け捨てとなってしまいます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/06/08(火) 05:03:23

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

生命保険無料相談

リンク

RSSリンク