生命保険(保険料引き下げか?)

最近の新聞等で保険料が各社一斉に引き下げという記事が目立ちます。

日生が団体保険、ジブラルタは多くの保険種類で行う予定だそうです。

これは保険料を計算する基準になる「標準死亡率」が長寿を反映して


4月に改定されるからです。

という事で4月に保険料の動きがありそうです。

「標準死亡率」の改定に伴って保険料が下がるという仕組みです。

保険会社は将来の支払いの為に保険金を準備します。

この時に「標準死亡率」を基準に計算します。

何歳の人が何人亡くなるという率から、必要な保険金を算出します。

この金額を支払いの為に準備しておきます。

長寿になると、亡くなる方の率も高齢化するので、中高齢層の方の

「標準死亡率」が低くなります。ですので、生命保険の保険料が安く

なる方向へ向かうのです。

しかし、この事は「医療保険」にとってはマイナス要因です。

医療保険は生きている間に保険金や給付金が支払われるので長寿

が進む程、支払いが多くなります。

支払いが多くなれば、保険料を値上げせずにはいられません。

医療保険の加入を検討されている方は、保険料の情報に注意し

ましょう。

一般的には、4月から改定の会社が多いです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/06/10(木) 22:45:15

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/07/15(木) 20:50:36

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

生命保険無料相談

リンク

RSSリンク