生命保険見直し(3)

収入が少ない頃に加入した生命保険は収入が少ない頃の

ライフスタイルで必要な金額を計算していた場合、生活資金

としての生命保険も見直さなくては遺族が生活レベルを下げ

なくてはいけません。

反対に収入が下がってしまった場合は、保険料という支出が

負担に感じてくるものです。収入が下がると貯蓄を取り崩すと

いう状態が考えられます。

そうなると急な医療費の出費やまさかの時の資金の確保が容

易ではなくなってしまいます。

そこで、保険が役に立つわけですが、多くの人がまず保険料を

削るという発想をします。

しかし貯蓄に頼れない状態で保険を削ってしまうことは危機的

な状況を招きます。これを防ぐためには保険金額は変えずに

保険の期間や内容を調整しながら保険料を抑えていくという方

法が有効です。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/07/18(日) 01:00:14

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/07/26(月) 22:15:55

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

生命保険無料相談

リンク

RSSリンク