医療保険は不要?

日本国内に住んでいるほとんどの人は、健康保険

入っています。

そのため、実際に掛かった医療費の3割程度を負担

すれば良いことになっています。たとえば、風邪を引い

て病院に行き、5,000円の治療を受けたとしても、受付

で支払うお金は、5,000円×3割=1,500円で済む事に

なります。

3割負担で済む、と言いましたが、実はこの金額には上

限があるので、自己負担額はさらに少なくなります。

高額療養費制度というものがあるからです。

仮に100万円の治療を受けたとしても、一般家庭の場合

の1ヶ月あたりの自己負担額は145,140円で済む事にな

り、超えた金額については申請することにより還付されま

す。

ということは、180日間(=6ヶ月間)入院したとしても、87万

円程度の自己負担で済む事になります。


ところが、そもそも6ヶ月間連続して、100万円の治療を受

ける、という前提があまり考えにくいです。


それは、入院期間の短期化の傾向のためです。

最近、医療の発達に伴い入院期間が短くなっているのです。

健康保険の制度上、長期入院の場合に病院に落ちるお金が

減っていくので、早く退院させたい、という病院側の事情もあ

ります。

そのため、医療保険で認められる180日間フルに入院したいと

思っても、よほどの特殊事情が無い限り、できないでしょう。


となると、病気の種類にもよりますが、高額療養費制度や現実

の入院期間を考慮すると、病気の備えとして用意しておくべきお

金は、100万円程度であると考えられます。


このくらいの金額なら、貯金で何とかなる、という人は多いと思

いますがいかがでしょうか。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

入院保険とは

入院給付金は基本的に日額で五千円か一万円のようです。一日目からもらえるというわけではなく、入院五日目からが多いです。入院というと長期の入院で、家計が破綻するというのが最悪のパターンですが、通算千日までのものもあります。何も起こらなかった場合に、無事故ボーナスという形で一定額がもらえるプランもありますが、結局は自分の払ったお金ということを考えると大きなプラス要因ではないですね。

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/07/11(日) 10:13:48

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

生命保険無料相談

リンク

RSSリンク