生命保険(保険金不払い謝罪だけでは済まない)

生命保険各社は保険金の不払い調査結果を金融庁に報告

した。その件数と金額の多さにはあきれる。契約者の信頼を裏

切った行為はもはや謝罪だけでは済まない。厳罰処分を検討

すべきである。

たしかに現行制度は契約者からの請求があってから支払う「請

求主義」だ。しかし保険会社が普段から契約者を大切にしていれ

ば、こんな事など起こりえない。契約者の甘さに便乗し

信頼の基礎を自ら崩している各社に猛省を求めたい。

主要十二社の不払い調査では二〇〇一年度からの五年間で約

二十三万件、金額で約二百六十八億円に達した。最大手の日本

生命は十一万件を超え、明治安田生命も約三万四千件に達した。

十二社で最終的には百万件以上に拡大するという。

保険会社も経営体質の転換が求められたが、相変わらず販売目

標(ノルマ)中心の営業至上主義がはびこっていた。今後、自立した

経営を続けるなら一刻も早く顧客第一主義に転換しなければならな

い。同時に契約内容をもっと分かりやすくすることにも、全力を挙げ

るべきだ。保険業界に身を置く私としても、非常に恥ずかしいし、これ

まで以上に襟を正して仕事に励みたいと思います。

生命保険(ネット販売)

 

証券会社や銀行などが、ネット販売に参入していることやネット専業の保険会社が設立されるということが、いわれています。(現在では、多くの銀行や証券会社が保険代理店となっています。)

インターネットで加入した場合と対面で加入した場合の1番大きな違いは、担当が付くかどうかです。

担当が付くメリットは、あえて省略しますが、付くか付かないかでいうと、やはり担当が付いた方が間違いなく良いと思います。 


たとえば、商売されていたとして、銀行との取引の際、

振込などもインターネットでできますが、多少、面倒でも店舗に行かれることをオススメします。

その際、担当者から、いろいろな情報を聞けますし、教えられたりすることもあります。

 
また、銀行の新商品のパンフレットなども見て、金融商品のトレンドなども勉強できたりします。

対面ならではだと思います。

なんでもネットではなく、ケースバイケースで選択することが重要だと思います。

そういう意味では、生命保険は、自分で理解したり比較したりするのは難しい金融商品ですし、たくさんの商品があります。

いざという時には頼りになると思いますので、担当者付きをお奨めします。


 

生命保険(死亡保障)

死亡保障は、残された家族の生活費や教育費

入院保障は、病院代はもちろん入院時の所得保障

年金は、文字どうり、年金積立になります。

最近では、お客様のニーズが死亡保障から、医療や年金に移っているようです。

個人的には、生命保険で1番大事なのは、死亡保障だと思います。

何かあった時、困るから保険に入るのであって1番困ることは、一家の大黒柱が亡くなった時だからです。

死亡保障は、大黒柱が亡くなっても、残された家族の生活だけは今までと変わらない生活できるように、保険金額を設定することによって大きな安心えることができます。

生命保険営業マン(ウーマン)減少

生命保険の営業マン(営業ウーマン)が減少しています。

10年前は、40万人以上いましたが、現在は20万人ちょっとと半減しています。。

その理由は、消費者の目が非常に肥えてきて本当のプロしか生き残れなくなったことと、業界全体が少子化で保険契約が減少していることとも関連しますが、やはり保険を販売し続けるということが1番難しくなっているのかなと思います。

 保険の仕事は、常に新規契約を必要とするのが、他の業界と違うところです。 
 

保険業界はフルコミッションです。

真面目に頑張っている人は、数千万円稼ぐ一方、多くの保険営業は200,300万円くらいの年収です。

また、最近では、銀行の窓口販売解禁を前に、銀行が大量採用しているという背景もあります。

この業界は、まさにプロの世界です!

プロ意識を持った人がお客様に感謝され、そうでない多くの人が辞めていく業界なのです。

プロ意識とは、

1、お客様本位の営業を実践している。

2、日々、保険やその周辺知識について勉強をしている。

3、経営者として将来の目標、戦略が明確である。


こうゆう人に保険はまかせたいですね

 

生命保険見直し

生命保険の見直しは計画的に!


自分が割高な生命保険に入っていると知った時、人によってはいきなり解約してしまおうと思う人もいるかもしれません。
「こんな高い保険料払えるか」と。

これは、絶対に止めましょうネ。

自分にあった適切な値段の保険に新たに加入してから、古い保険を解約すると言う順番を守ること、が鉄則になります。

もし、新しい保険に入らずに、古い保険を解約した直後に、万が一のことがあったりしたら目も当てられません。無保険状態を作ってはダメ!、ということです。

新しい保険に加入してから、古い保険を解約する、という順番です。

そもそも新しい保険に入るのは結構時間が掛かるものです。

情報収集して、見積りを出してもらって、プランを変更して、申込書に記入して、お金を払い込んでと、実際に保険契約が効力を発するのは、場合によっては1ヶ月くらいかかるかもしれません。

ちなみに、保険の効力発生日は結構複雑です。少なくとも初回掛け金の入金後・申込書が受理された日以後になります。必ず、営業の人に確認しましょう。

そして、この効力発生日を過ぎてからゆっくり古い保険を解約すれば良いのです。

見直しをしていく中で、既存の契約で十分だという結論になることもあり得ます。その場合には、若いうちに入った分だけ保険料が安く済んで良い、ということになります。

また健康状態によっては、新規の契約ができないケースだって考えられます。その場合には、今の保険の減額や払い済みなどの方法で見直していくしかありません。

いずれにしても、あせらずに、ということですね。

 

定期付終身保険

日本系生命保険会社で、生命保険に入った人ならたいていの場合、

この保険だと思います。

定期付終身保険とは、終身保険という本体部分に、定期保険と言う

掛け捨て保険を特約として追加した保険です。

このタイプの保険に入るとどういうことが起きるのか、見てみましょう。

このタイプの保険の何が問題かと言うと、ほとんどの場合には「更新型」

になっていることです。

まず、生命保険に加入して10年くらいで更新を迎えます。すると、保険

料が2倍くらいになります。

さらに、10年くらいするとまた更新を迎えます。すると、またまた保険料

が2倍になります。

という感じで、10年毎に更新を迎えてそのたびに支払い保険料がどん

どん上がっていきます。

契約当初の支払いは一ヶ月に1万円程度です。でも10年後・20年後に

更新した際には、保険料の支払いが倍倍に増えていって、一ヶ月に4

万円以上になってしまうのです。

その頃には、働き盛りで、子供が中学生だったりして生命保険を辞め

ることはとてもできなかったりします。年齢的にも新規の生命保険に入

るのは難しいような気もしますしネ。

気が付いたら、保険会社に大金を献金することになってしまうわけです。

普通の人は、10年目か20年目にはさすがにおかしいと気が付きます。

そこで、担当のセールスの人に相談するわけです。

「保険料負担がつらいので、もう少し安くできないか?」と。

これは大チャンス到来!ですね。営業の人にとっては!

もし、この保険の終身保険部分が予定利率の高い保険なら、転換させ

て低い予定利率の保険に変更すれば保険会社にとっては大きなメリット

になります。

もし、そういう保険でないとしても、保険金額や特約をいじることによって、

変更契約や転換を行えば、新しく自分の成績になります。

つまり、「更新」とは、保険会社にとって二つのメリットがあります。

1).当初の支払い額を抑えることができるので、最初の契約を取りやす

くして、その後に高い保険料支払いに誘導することができる。

2).10年毎に更新があるので、そのたびにセールスのチャンスがある。

逆ザヤ保険の場合には、その時に転換させることができる。

この仕組みを考え付いた人は天才ですネ。

生命保険(比較)

生命保険で、古い保険と新しい保険はどっちが良いでしょうか?

ここで考えたいのは、保険料(予定利率)と商品内容です。

保険料(予定利率)
同じ商品の場合、予定利率が高い方が保険料は安くなります。

古い商品の大半は、現在より予定利率が高いです。
昔は5%台の商品もありました。

この保険料の観点からすると、予定利率が高いか低いかがポイントです。

古い商品は予定利率が高い場合が多い。


・商品内容
生命保険の商品は進化します。
古い商品より、新しい商品の方が良い場合があります。

例えば、以前の医療保険ですと、病気の場合、8日以上の入院から
保険金が支払われます。
最近の商品では、入院1日目から支払われる商品があります。

ただし、入院1日目から支払われのは良いのですが、
1回の入院日数の制限が古い商品の場合、730日〜1000日あったものが、
新しい商品の場合、120日とか、60日になっている場合があります。

予定利率が変わっている(下がっているので)、同じ様な価格の場合、
商品として良くなっている部分と悪くなっている部分が存在します。


この様に、良い部分とそうでない部分が存在します。
見直す際には注意して下さいネ♪

生命保険(予定利率)

保険料の一部は、将来の保険金や解約返戻金の支払い
に備えて、積立て運用されます。

そこで、保険会社の資産運用により見込める収益分の
料をあらかじめ割引きます。

予定利率はこの割引に使用する利率のことです。

予定利率が高い保険は低い保険に較べて、保険料が安く
なります。

予定利率が高い時代の貯蓄性のある保険はお金が貯まる
と言われます。

医療保険は不要?

日本国内に住んでいるほとんどの人は、健康保険

入っています。

そのため、実際に掛かった医療費の3割程度を負担

すれば良いことになっています。たとえば、風邪を引い

て病院に行き、5,000円の治療を受けたとしても、受付

で支払うお金は、5,000円×3割=1,500円で済む事に

なります。

3割負担で済む、と言いましたが、実はこの金額には上

限があるので、自己負担額はさらに少なくなります。

高額療養費制度というものがあるからです。

仮に100万円の治療を受けたとしても、一般家庭の場合

の1ヶ月あたりの自己負担額は145,140円で済む事にな

り、超えた金額については申請することにより還付されま

す。

ということは、180日間(=6ヶ月間)入院したとしても、87万

円程度の自己負担で済む事になります。


ところが、そもそも6ヶ月間連続して、100万円の治療を受

ける、という前提があまり考えにくいです。


それは、入院期間の短期化の傾向のためです。

最近、医療の発達に伴い入院期間が短くなっているのです。

健康保険の制度上、長期入院の場合に病院に落ちるお金が

減っていくので、早く退院させたい、という病院側の事情もあ

ります。

そのため、医療保険で認められる180日間フルに入院したいと

思っても、よほどの特殊事情が無い限り、できないでしょう。


となると、病気の種類にもよりますが、高額療養費制度や現実

の入院期間を考慮すると、病気の備えとして用意しておくべきお

金は、100万円程度であると考えられます。


このくらいの金額なら、貯金で何とかなる、という人は多いと思

いますがいかがでしょうか。

生命保険見直し(3)

収入が少ない頃に加入した生命保険は収入が少ない頃の

ライフスタイルで必要な金額を計算していた場合、生活資金

としての生命保険も見直さなくては遺族が生活レベルを下げ

なくてはいけません。

反対に収入が下がってしまった場合は、保険料という支出が

負担に感じてくるものです。収入が下がると貯蓄を取り崩すと

いう状態が考えられます。

そうなると急な医療費の出費やまさかの時の資金の確保が容

易ではなくなってしまいます。

そこで、保険が役に立つわけですが、多くの人がまず保険料を

削るという発想をします。

しかし貯蓄に頼れない状態で保険を削ってしまうことは危機的

な状況を招きます。これを防ぐためには保険金額は変えずに

保険の期間や内容を調整しながら保険料を抑えていくという方

法が有効です。

生命保険見直し(2)

独立起業したり、会社を辞めると公的年金や健康保険の受取額が

変わってきます。健康保険が社会保険から国民健康保険にかわっ

たり、厚生年金から国民年金にかわります。

そうすると病気や怪我で仕事ができなくなったりしたときの保障や亡

くなった時の遺族年金などが大幅に減ってしまいます。遺された家族

の生活費が減ってしまうのです。

自営業者は傷病手当金もなく、有給休暇がないので収入もストップし

てしまいます。こうした緊急事態に備えて、貯蓄するのがベストですが、

保険で対応するという手もあります。当然、収入に変化があるので日

々の保険料を抑える目的などで生命保険医療保険の見直しをする

には必要なタイミングと言えそうです。

生命保険の見直し(1)

生命保険には必ず見直しが必要かというと、そうではありません。

では、どんな人に見直しが必要か?それは、生活環境が変わった

人です。人には、結婚、出産、起業独立、子供の独立、退職、など

などライフステージの変化があります。 このようにライフステージが

変わると何が大きく変わるかというと、結婚や出産、お子さんの独立

の場合は「家族の構成」「家族の人数」が変化します。独立起業や、

退職の場合は「公的保障」「収入」に大きな変化があります。
生命保

の目的として、殆どの人が挙げるとしたら何だと思いますか?

そう、生活していくための費用をカバーすることです。家族の構成、人

数が変われば当然生活に必要なお金も異なってきます。

生命保険で家族のために遺すお金が変わるのですから、当然見直

さないといけないですネ。

生命保険(通販商品)

生命保険の通販商品の中で、「50歳(55歳)から80歳まで

の方なら告知なしで加入できる、だれでも入れる
」というものが

あります。

僕はこのブログで、個々の保険商品を評したり、分析するつもり

は全くないのですが、この通販商品に関してこれだけは間違っ

てほしくない
、というものがあります。

当然知っているよという話かもしれませんが、僕がお会いする高

齢の方はこの間違いをおかしている人が結構多かったので、紹介

させていただきます。

損だからやめておけという次元ではなく、根本的に間違っている

です。

この商品は、病気などで通常の保険商品に加入できない人のため

のものです。

そういう意味での「だれでもはいれる」なのです。

健康な人が加入すべき商品ではありません。

通常の商品に加入できる健康な人は通常の商品に加入してください。

生命保険会社はそういったリスクを計算の上、保険料の設定をしてい

るので、割高なんです。

いくら面倒でも、告知くらいはしてくださいね。

生命保険の種類(その2)

医療保険

 病気や怪我での入院、定められる範囲の手術を受けたとき

などに、給付金が受け取れる生命保険。※定期タイプと終身

タイプがあります。 

ガン保険

 ガンにより入院したり、所定の手術を受けたときに、給付金が

受け取れます。死亡したときは、死亡保険金が受け取れますが、

金額は少額です。

※ガン診断給付金や療養給付金が受け取れるタイプのガン保険

もあります。 

※定期タイプと終身タイプがあります。 

※ガンと認められる対象は、約款に定められています。ガンの種類

によっては、給付金が受けられない場合もあり注意が必要です。

三大疾病保障保険

 ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病を対象とした保険で、三

大疾病により、定められた条件の状態になった時、生前に死亡保険

金と同額の三大疾病保険金が受け取れます。三大疾病保険金を受

け取った時点で、契約は消滅します。死亡したときは、死亡保険金が

受け取れます。

※定期タイプと終身タイプがあります。 

※保険金を受け取れる三大疾病の状態については、生命保険会社、

保険商品により異なる場合がありますので、しおり、約款の確認が

必要です。

収入保障保険

 死亡したとき後、契約時に定めた満期まで年金が受け取れます。

年金を受け取れる回数は死亡する時期によって変わります。

※年金の受け取り回数には最低保証があります。年金受取回数が

最低保証に満たない場合、最低保証分の回数分、年金を受け取れ

ます。 

変額保険

 株式や債券を中心に資産を運用し、運用実績により保険金や解約

返戻金が増減する保険です。ハイリスク・ハイリターン型の保険と言

え、投資信託などに近い形です。

※保険期間が一定の有期型と、一生涯保障が継続する終身型の2つ

のタイプ

※保険期間に死亡したときには、基本保険金額は最低保証されるので、

変動保険金(運用実績により増減する部分の保険金)がマイナスになっ

た場合でも基本保険金額は受け取れます。死亡時の運用実績が良い

場合、基本保険金+変動保険金が受け取れます。

※有期型の場合、生存していると満期保険金が受け取れますが、その

金額は運用実績により変動し最低保証がありません。運用実績により

基本保険金額を上回ることもあれば下回ることもあります。(ここがもっ

ともハイリスク・ハイリターンな点です。)

※解約返戻金には、最低保証はありません。

個人年金保険

 契約時に定めた年齢から、一定期間(5年、10年、終身)にわたって

年金を受け取れる保険です。年金受取開始の年齢に達する前に被保険者

が死亡した場合、死亡給付金が受け取れますが、金額は少額です。

※予定利率が一定の、将来受け取る年金額が予め確定している定額個人

年金保険と、運用実績により将来受け取る年金、死亡給付金、解約返戻

金等が変動する変額個人年金保険があります。 

※変額個人年金保険は投資信託に近い形で、ハイリスク・ハイリターン型

の保険です。

生命保険の種類(主契約)

生命保険は、「生命保険」=「主契約」+「特約」で成り立っています。

主契約とは生命保険のベースとなる部分で、主契約のみで保険契約

ができます。「特約」とは主契約にオプション的に付加することで、

保障内容をより充実させようという目的の部分。特約のみでの契約は

できず、また複数の特約を主契約に付加することができます。

 終身保険、定期保険、養老保険で主契約部分の死亡保障、特約に

入院特約、ガン特約などを付けるという保険の組み方をします。

生命保険の主契約の種類

定期保険

 一定の保険期間(保険料払込期間)は、死亡保障があります。

安い保険料で大きな死亡保険金が保障される生命保険

※満期保険金はありません。

※保険金額が保険期間中一定で変わらない定額タイプ、保険料が

一定で契約後保険金額が減っていく逓減定期保険、保険金額が増

えていく逓増定期保険があります。

※更新の際、保険料が再計算され、通常は保険料が高くなります。

※満期保険金がなく、死亡保険金が受け取れるのも保険期間内である

ため、所謂掛け捨てタイプの保険となります。

終身保険

 一定期間保険料を払い込むと、保険料払い込み期間が終わった後も、

一生涯、死亡保障が継続される生命保険です。

※満期保険金はありません。

※保険料払い込みが、一定期間で終了する有期払込と一生涯保険料を

払い続ける終身払込の2つのタイプがあります。

※死亡により、必ず保険金が受け取れるので、貯蓄性が高い保険です。

養老保険

 保険期間(保険料払込期間)は一定で、その間に死亡したときには死亡

保険金が、満期時に被保険者が生存していた場合には、満期保険金が

受け取れます。死亡保険金と満期保険金は同額です。

※死亡保険金、または満期保険金を受け取れるので、貯蓄性が高い保険

です。

上記三者、定期保険、終身保険、養老保険が生命保険(死亡保障)の基本

となります。

 この三者を比べてみますと、保険料が同じであれば、保険金(死亡保障)

の額は、

・定期保険>終身保険>養老保険

となり、死亡保障の保険金が同じであれば、保険料の額は、

・定期保険<終身保険<養老保険

となります。ちなみに定期保険特約、入院特約、成人病特約など特約の部分

の保険料はほとんどの場合、掛け捨てとなってしまいます。

生命保険(保険料引き下げか?)

最近の新聞等で保険料が各社一斉に引き下げという記事が目立ちます。

日生が団体保険、ジブラルタは多くの保険種類で行う予定だそうです。

これは保険料を計算する基準になる「標準死亡率」が長寿を反映して


4月に改定されるからです。

という事で4月に保険料の動きがありそうです。

「標準死亡率」の改定に伴って保険料が下がるという仕組みです。

保険会社は将来の支払いの為に保険金を準備します。

この時に「標準死亡率」を基準に計算します。

何歳の人が何人亡くなるという率から、必要な保険金を算出します。

この金額を支払いの為に準備しておきます。

長寿になると、亡くなる方の率も高齢化するので、中高齢層の方の

「標準死亡率」が低くなります。ですので、生命保険の保険料が安く

なる方向へ向かうのです。

しかし、この事は「医療保険」にとってはマイナス要因です。

医療保険は生きている間に保険金や給付金が支払われるので長寿

が進む程、支払いが多くなります。

支払いが多くなれば、保険料を値上げせずにはいられません。

医療保険の加入を検討されている方は、保険料の情報に注意し

ましょう。

一般的には、4月から改定の会社が多いです。

生命保険はリスクヘッジ

生命保険に加入していれば「家族の安心」「家族の幸せ」?

生命保険に加入していれば、いつまでも家族は健康で、

不幸な目にあわないと思って加入されてる方が沢山居ますが
 
本当にそうなのでしょうか?

保険の加入の有無に関わらず、長生きする人は長生きしますし、
 
病気や事故も起こりうるのです。

保険に入ってるから不幸な目にあわないなんて事はないのです。
 
保険に入るのは不幸なことを避けるために入るのではありません。

仮に不幸な目にあっても、生命保険に加入していたら、保険会社
 
から”保険金”というまとまった額のお金が出るということなのです。

保険の制度は、たとえば大黒柱を失ったとしても”保険金”で残され
 
た家族が不安定な生活をしなくてもいいように考えられた制度なの
 
です。

いつ起こるかわからない不幸な出来事のリスクに対して、

金銭面で多少なりともやわらげるために、保険という商品で、少しでも
 
ヘッジしようという発想で入るのです。そのリスクヘッジのために、保険
 
料というお金を支払うのです。

よって、リスクの無い人、つまり健康で事故にあったり病気をする心配
 
のない人は、生命保険に入って保険料を払うだけソンです。

なぜなら、自分が健康でいる限り、保険料を払う一方で、お金を受け取
 
ることはないからです。また、かなりの財産を持っていて、死亡しても遺族
 
が困らないだけの遺産を残せるような人は、保険に入る必要のない人なのです。

生命保険は少ない保険料で、多額の保険金(給付金)を手に出来る商品
 
です。

日歩の生活に追われて貯蓄も出来ず、十分な蓄えもない人こそが、

加入しなくてはならないものです。 

リスクのある人とは

 ■奥さんが専業主婦で子どもが小さい人

 ■独身でも老親と同居で家計を支えている人

 ■病弱な家族を抱えている人

など、こういう人は必要な額だけ死亡保障を生命保険
 
で確保してくださいネ。

生命保険(告知の重要性)

生命保険会社は加入者自身に自己申告してもらう「告知」を重要視しています。

 「告知」を義務とし、この義務を果たさなかった場合は「告知義務違反」という

ことで、
 最悪の場合は保険金も支払われません。

 契約解除を恐れて入院請求が出来ないのでは保険の意味がありません。

 「告知」は、多くの保険会社では、過去5年間の病気で治療に1週間以上

かかっている物というような定義をしています。

 「告知義務違反」に対して、契約を解除できる期間は2年としている保険会

社が多いようです。

生命保険(保険証券確認)

自分が加入している保険の内容がよく解らない方が沢山います。

 保険証券はプロでもすぐに理解できないほど読みにくいのですが、

 これには「あなたが保険料を支払うかわりに、保険会社が何をして

くれるのか」が書かれています。

『確認ポイント』
 
 ・保険料はいくらなのか
 ・支払い方法は・・・ステップなどは注意が必要です
 ・保障額は病気・怪我それぞれいくらなのか
 ・いつまで保障してもらえるのか
 ・受取人は誰なのか
 ・解約金はいくらなのか(表記していない会社もあります)
 ・転換の場合、基本・比例・特約殿転換なのか 

 など、上記ポイントを確認してください。

 イメージしやすくするためには、縦軸:保障額 横軸:年齢 でグラフを書く

と良いです。

 分からない用語は保険専門用語集で確認しましょう。

どうしても分からない場合は専門家に相談しましょう。

生命保険(必要補償額)

一般的には、配偶者の平均寿命や子供に対する責任を何歳まで持つか

などを設定します。

 その間の総支出から現在の貯蓄や遺族総収入を差し引いて求めた数字

が必要保障額となります。

 ただし、50歳を過ぎても40歳のときと同じ保障が必要でしょうか?

 40歳からの10年間は、子どもに多くの教育費がかかります。一家の

大黒柱にもしものことがあると、

 子どもの進学にも影響してきますが、50歳代になると家庭状況も変って

きます。

 子どもが社会人となり手元を離れるようになるからです。

 今まで子育てのために必要だった保障よりは、少ない保障でも十分と

いうことになります。

 だとすれば、40歳代と同じ保障ではなく、保障額を必要な額に見直し

ていくのは、

 保険の合理的な加入方法の一つと言えます(減額という方法もあります)。

プロフィール

生命保険無料相談

リンク

RSSリンク